アクティブ・アート

  • 本社オフィス 0120-964-322
  • 東予オフィス 0120-264-322
無料カウンセリング
カタログプレゼント

窓(サッシ)

窓(サッシ) 画像

雨風を防ぐ、室内を快適な室温に保つ、防音など、窓(サッシ)にはいろいろな機能があります。
こうした機能は、サッシの種類やガラスの素材、窓枠の素材などによって大きな差が生まれます。
サッシは、室内と屋外をつなぐ場所であり、空気中の熱が出入りする際にもっとも影響を受ける場所です。
壁や天井、床とは違い、サッシはガラス1枚で外に接しています。そのため空気中の熱を通しやすく、室内環境を快適にするためには窓の断熱性や気密性を高める必要があります。この断熱性や気密性は、サッシに使う素材によって変わってきます。

サッシの素材は大きく分けて4つあり、アルミ、樹脂、木製。複合サッシです。

・アルミ
一般的な素材です。軽くて丈夫、耐火性にも優れた素材で、扱いやすいのが特徴です。その反面熱伝導率が高く、断熱性に乏しくなります。

・樹脂
アルミよりも強度が低く、厚みが出てしまう点がネックですが、塩化ビニール樹脂と複層ガラスを組み合わせた断熱性のあるサッシで、寒冷地ではこちらを使ったものが一般的です。

・木製
木枠を用い、質感や風合いが特徴的なサッシです。最近では特殊な構造で気密性を高めたものもあり、注目を集めています。
ただ木材のため、腐食や摩耗、塗装のはがれなど、経年変化による劣化が発生します。

・複合サッシ
アルミと樹脂や木材を組みあわせてつくられたものを複合サッシと呼びます。屋外にアルミ、屋内に樹脂などを使い、強度と断熱性の両方を兼ね備えたサッシ作りに用いられています。

サッシは室内と屋外をつなぐ重要な場所です。気密性や断熱性にこだわった家づくりを目指す方は、アクティブアートにご相談ください。