アクティブ・アート

  • 本社オフィス 0120-964-322
  • 東予オフィス 0120-264-322
無料カウンセリング
カタログプレゼント
未分類

レジ袋の有料化「汚染克服」の一歩となるか!!!

こんにちは!・・・Mr.K です。

今回のテーマは汚染問題です。・・・世界的な海洋汚染問題について国や地域毎に解決に向けて取り組んでいるようです。

はっきり申し上げて、私自身はあまり気にかけてなかったのですが今回の関連記事を読んでいくうちに、プラスチックごみ問題は近未来の人間社会に於いて厄介な汚染問題になっていくであろうことを、痛感させられた次第です。

レジ袋の有料化はプラスチックごみが海に流れ出し、海洋汚染につながるのを防ぐのが目的だそうです。

ではどのように海洋汚染につながるのでしょうか・・・

それは私たちが日常使ったプラスチック製品のうち、適切に処理されなかった一部が海洋に流出、その流出したプラスチックは、紫外線や波風によって劣化し微細化していきマイクロプラスチック(5mm以下の粒子のものをいう/略語MP)という単位の大きさになり、そのMPが天日干しの塩や一部の魚介類の胃内容物から見つかるようになったことで、いよいよ私たちの身近な問題として注目され、危機感が高まってきたそうです。

環境省は、レジ袋有料化の目的を「使い捨てプラスチックに頼った国民のライフスタイル変革を促していくこと」と説明しています。つまり、私たちの生活習慣を変える意識付けとして、レジ袋の削減から始めることになったと捉えるべきなのかもしれませんね。

私たち一人一人が意識をもって資源の大切さを認識し、住みよい人間社会を継続できるようにしていかなければなりません。

Mr.K でした。・・・次回お会いしましょう!