アクティブ・アート

  • 本社オフィス 0120-964-322
  • 東予オフィス 0120-264-322
無料カウンセリング
カタログプレゼント
未分類

建築吉日カレンダーには十二直の暦注が使われてるんですって!!!

皆さ~ん・・・お久しぶりです。Mr.Kです。

今回は暦注の一つである十二直のお話をさせて頂きます。

この十二直は建築吉日カレンダーに使われてて建て替え、移転時などに良い日を選んでなさった経験おありの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

十二直は中国から伝わり飛鳥時代には日本で使われていた記録があるそうです。

その中国では北斗七星を観察してて”ひしゃく”の形をしておりその柄の部分にあたる3つの星の向きによって季節を知ることができ、それを十二支に当てはめて各月の名前、暦にし、やがて吉凶を見る方法へと発展していったそうです。・・・十二直の内訳は建・除・満・平・定・執・破・危・成・納・開・閉の12種で吉日は建・除・満・平の4種、小吉日は定・執・成・納の4種、半吉日は開の1種、凶日は破・危・閉の3種に分類されてます。

十二直はよく当たると信じられていたそうですが科学的根拠は一切ないとのことです。・・・なのでよい日を選ぶための参考程度に考えるとよいでしょう。

ではまたお会いしましょう!

Mr.Kでした。