アクティブ・アート

  • 本社オフィス 0120-964-322
  • 東予オフィス 0120-264-322
無料カウンセリング
カタログプレゼント

松山市|S様邸

interview 01

きっかけは、子供が生まれたこと

松山市|S様邸 画像1 松山市|S様邸 画像2 松山市|S様邸 画像3

Sさんご夫婦が「家を持ちたい」と思ったのは、
お子さんが生まれたことがきっかけでした。

それまでは賃貸の2階に住んでいましたが、成長に伴い階下の方に迷惑をかけないか…と思われたのだそう。
そもそもお二人とも、ご実家が持ち家の一軒家育ち。
それもあって、子どもが生まれたら家を建てたいと自然に考えるようになったと言います。

家のイメージを作り上げながら、同時に土地探し

同時に複数のハウスメーカーや工務店のモデルハウスも見て回ったお二人。
「でも、なにかときめく家がなかったんです」という奥様。
それはご主人様も同じでした。
その中でも、こういう工夫は大事だな、この部分は好き、などのヒントはたくさん得たとおっしゃいます。
モデルハウスめぐりのなかで、私たちアクティブアートを探し出してくださいました。
その頃にはもう、家のイメージが出来上がっていたお二人。
担当が、「私たちでしたら自由に、お二人の夢に沿う家を造ることができます」とお伝えしたところ
それならば、と本格的な打ち合わせに入りました。
その時はまだ土地が決まっておらず、具体的に家をデザインしながら土地を探すという並行作業となったのです。

in_img1

いい意味で、私たちの固定観念を壊してくれました

とことん自分たちらしい家を造りたかったというお二人。
具体的に「どこをどうしたい」という夢を既ににお持ちでした。
「この部分をこうしたいんですけど、と伝えると、
後々大変ですよ、それだったらこうした方が…と、
実際の生活レベルにまで話を落としてきちんと説明してくれたんです。
専門家からのアドバイスという感じ。本当に助かりました」という奥様。
デザイン≒使い勝手にまで噛み砕いて説明してもらえたのがよかったとおっしゃっていただきました。

とにかく収納を多く―生活感を見せたくなかった

お子さんがまだ小さいこともあり、おもちゃや紙おむつなど生活感を感じられるものをできるだけ隠しておきたいと考えていた奥様。
そのため、最大の要望が「収納が多い事」でした。
その希望は玄関にも反映され、あえて土間を設けることにしました。

in_img2

太陽の恵みをそのまま受け取れる家

とにかく明るいリビング、というのもご要望の一つでした。
できるだけ電気を使いたくない、という理由からです。
吹き抜けの上部窓を大きめに取りました。
お子さまの健康面を考えても、太陽の光はとても大切。
「おかげで、朝から夕方までほとんど照明は使いません」と奥様は笑顔。
BEシステムを取り入れた家は、冬暖かく、夏は涼しいとおっしゃいます。
冬はお遊びに夢中なお子さんが汗をかくほど暖かく、夏はクーラーをほとんど使用しないのだとか。
極力電気に頼らないというご希望にも添えたようで私共も安心しました。

in_img3

「提案しない会社」―最初から要望を取り入れてくれるから

「最初からこちらの要望をすべてお伝えしたのちに図面を描いてくださいました。
個々の細かい部分にアドバイスを頂くことはありましたが、提案らしい提案はなかったんです」とのこと。
それも、お二人で多くの場所に足を運び、「こうしたい」という具体的なご希望が明確にあったからこそ。
それらの”夢”をバランスよく合わせてゆくパズルのような作業を、私共でお手伝いさせて頂いたのでした。
スタッフが一番お手伝いさせて頂いたのは、収納について。
それまでの生活の中で困った事を具体的にお聞きしながら、生活内での奥様の動きに合わせて
必要な個所に必要なだけの収納を配置する工夫をさせて頂きました。

in_img4

カフェ風の家にしたい

「シンプルな家にイームズのような家具を置きたかった」というSさんご夫婦。
カフェ風の家をご希望でした。
家自体はシンプルでありながらカラーリングは落ち着いたものに。
お好みのテーブルにご希望の椅子がきちんと収まらなかったため、似たテイストのものをお探ししました。
また、その雰囲気に似合う照明器具もSさんご指名のものは比較的高価だったため、
やはりこちらも極力似たものを探し出し、トータルデザインさせて頂きました。
「こちらの希望を取り入れながらも予算に合わせてくださる提案がうれしかったです。
やっぱり専門家はセンスがいいなって」と奥様はご満悦のご様子。
ご友人が遊びに来られた時も「おしゃれだね」と言っておられるとのこと。

2年半たっても新鮮なイメージの、いい家

床材はパイン。床暖房用のものをご準備しました。
お子さまがまだ小さいこともあり、ソファはまだ置かれていません。
「汚されるだろうから、ソファはまだまだ先ですね」とおっしゃいます。
木の暖かさを感じられる床中心の暮らしとともに、床材の味わいも深まっていくはず。
家族と共に育つ家、をSさんご夫婦は実践していらっしゃいます。

in_img5

これから家を建てる方へのアドバイス

「モデルハウスでいいので、たくさんの家を見ること」。
お二人の夢の家のイメージが固まっていたのは、実際に多くの家に足を運んでいたからこそ。
ご夫婦間でもご意見の相違がなかったことは、家づくり成功の大きな要因です。
また、お二人は見るだけでなく”学ぶ”事にも時間をかけていらっしゃいました。
住宅ローンに関する勉強会に出かけたり、本を読んだりと
一生に一度のお買い物に対しての準備は万端でした。
奥様は更に、話題の収納の本、設備に関しての本まで読破しておられました。

安心の家に仕上がりました

家の仕上がりはもとより、「アフターメンテナンスも安心」とSさんご夫婦からは太鼓判を頂きました。
「ちょくちょく顔を出してくれるだけでなく、電話をするとすぐに飛んできてくれるんです」。
これからも安心してお住まい頂けるお手伝いもできているようで、私共もうれしく思いました。

Data

4LDK

クローク、玄関土間
サンクンリビング
吹抜、WIC

1階面積:59.02㎡
2階面積:44.71㎡
延床面積:103.73㎡(31.37坪)
施工面積:115.90㎡(35.05坪)